NEWAリフトの効果や使い方!私の口コミレビュー動画

サイト運営者の私が実際にNEWAリフトを使って実感している効果や使い方を口コミ!

NEWAリフトの口コミレビュー動画を公開しています♪

買うのはちょっと待って!NEWAリフトプラスのデメリットと副作用について

NEWAリフトプラスのデメリットと副作用についてご紹介します。

 

購入前にぜひご確認していただきたいポイントを解説していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

NEWAリフトプラスの3つのデメリット

NEWAリフトプラスを使い続けて5年の私が実感した3つのデメリットをご紹介します^^

 

NEWAリフトプラスのデメリット1.充電式がデメリットとなることも。。

 

NEWAリフトは電源コードありですが、NEWAリフトプラスは充電式です。

 

 

NEWAリフトプラスはコードレスなので、使い勝手はNEWAリフトよりも良いのは事実です。

 

ですが、NEWAリフトに比べて劣っている点(デメリット)を見つけてしまいました。

 

充電は1回2〜3時間程度かかり、1回の充電で4回分のお手入れができます。

 

NEWAリフトプラスのデメリットは、「お手入れ途中に電源が切れてしまうと、充電しながらお手入れを続けることができません。」ということです。

 

我が家には小さな子供がいるので美顔器のお手入れ途中に呼ばれたりすることは日常茶飯事です。

 

一度電源を切って、またお手入れ開始すると4分間の自動電源が再スタートするので、通常の4回分のお手入れよりも電気を消費してしまいます。

 

もちろんオーバートリートメントにならないようにお手入れ再開した時は時間を短めにしているのですが、3回目のお手入れ途中に充電が終わってしまうなんてことはよくあります。

 

「お手入れ完了まであとちょっとだったのに!」というところで充電が切れてしまうと、お手入れする意欲がそがれ・・・コード式だったらこんなことはないのにと思うことがあります^^;

 

コード付きはコンセントがある場所の近くでしかお手入れができませんが、鏡を見ながらお手入れした方が効果が出やすいので、コード付きのNEWAリフトのほうが案外よかったりします。

 

お値段も6000円安いですしね!

 

両方使いましたが、結局コード付きのNEWAリフトを愛用しています。

 

NEWAリフトプラスのデメリット2.保証期間が短い

 

NEWAリフトとNEWAリフトプラスの商品特徴の一覧表です。

 

 

この表の中に大きなデメリットが一つ書かれていることにお気づきでしょうか?

 

大きく取り上げず、表の中に書かれているだけで、これは見落としやすいデメリットだと思いました。

 

 

NEWAリフトプラスのほうが価格が6000円高いこと、充電式であることが違いとして挙げられます。

 

それ以上に知っておくべきことがこの表には隠されていました。

 

気づく方はいるかもしれませんが、公式サイトではあまり大々的に書かれていることではないので、これは知っておくべきデメリットであると思い、当サイトではご紹介しました。

 

保証期間がNEWAリフトプラスは1年間

しっかりこの表を見比べていないと、この保証期間は見落としてしまいそうですね。

 

ちなみに、NEWAリフトの保証期間は2年間です。

 

この1年の差は大きなと思いました。しかも故障した場合は、交換対応のみとのことです。

 

NEWAリフトプラスのの保証期間が短い理由をコールセンターに聞いてみた

 

NEWAリフトとNEWAリフトプラスの保証期間の違い。1年の差で壊れたら嫌ですよね。

 

しかも充電式のNEWAリフトプラスのほうが6000円も高いのに、保証期間が短いなんて。

 

ちょっと納得いかないし気になったので、コールセンターに問い合わせてみました。

なぜNEWAリフト+の保証期間は1年間なのですか?

NEWAリフトプラスはバッテリー仕様のため1年となっております。
製造メーカーのEndymed Medical社が定めていますので、ご理解ください。

という回答でした。

 

バッテリー仕様だからという理由はよくわかりません。

 

充電式のNEWAリフトプラスのほうが壊れやすいからという理由でないことを祈ります(/ω\)

 

 

NEWAリフトプラスのデメリット3.修理費用が高い

 

NEWAリフトプラスの保証期間1年が過ぎてから、壊れたらどうなるのかが気になりました。

 

 

保証期間終了後にバッテリーが壊れた場合は?

イスラエルの製造メーカーのため、国内でバッテリー交換は行っていません。
今現在、商品の交換修理は3万円前後かかります。

もとが高い美顔器ですし、やっぱり修理代金はそこそこかかりますね( ゚Д゚)

 

保証期間すぎてすぐに壊れたらお話になりません・・

 

ですがバッテリーだと寿命はいつかはきますよね。

 

だんだん充電があまりできなくなることもあり得るかもしれません。

 

あまり充電しし過ぎはよくないと聞くので、ちゃんと充電が少なくなってから充電したほうが良いかも。

 

バッテリー寿命についても聞いてみました。

NEWAリフトプラスのバッテリー寿命はどのくらいですか?

耐用年数は、一般的な電気機器と同じく4〜5年程度となります。
使用環境や状況にもよるので、あくまで目安になります。

保証期間が短くて心配な方は、2年保証のNEWAリフトにしておいたほうが安心かもしれません。

 

コードレスのNEWAリフトプラスは確かにお手入れするにはコード付きのNEWAリフトよりも使いやすいと思えることもありますが、保証期間やバッテリー故障の際のデメリットを考えると、6000円お安いNEWAリフトのほうがおすすめできます。(個人的な見解ですが)

 

NEWAリフトプラスの副作用について

NEWAリフトプラスとNEWAリフトの効果については同じです。

 

5年愛用しているサイト管理人が感じたNEWAリフトプラスの副作用についてご紹介しますね!

 

NEWAリフトプラスの副作用1.毎日使うと肌荒れしてしまった

 

NEWAリフトのリフトアップ効果がすごくて、美顔器としては今まででダントツ1位です。

 

欲張りな私は、たるみをもっと引き上げたくて、2日に1回と決められているのに毎日使用してみました。

 

最初は特に問題もなく、フェイスラインもきゅっと引き締まるのでNEWAリフトで毎日お手入れを頑張っていました。

 

ある日突然、顎の皮膚ががっさがさになりました。

 

日焼け止めもしみるようになってしまい…お手入れをいったん中止して保湿ケアを念入りにして、2週間くらいでようやく落ち着きました。

 

あのガサガサ感は今まで感じたことのないくらいの感触でした。

 

やはり決められた使用頻度は守った方がよいと教訓になりました!

 

NEWAリフトプラスの副作用2.肝斑やシミがある人は悪化する可能性も!

 

もう一つ副作用の可能性となりうるのが、肝斑やシミの部分へのお手入れです。

 

サブマイクロ波(高周波)の熱でターンオーバーの促進もできるNEWAリフトプラスですが、ジェルが少ないとお肌への摩擦がシミや肝斑を悪化させることがあります。

 

サイト管理人の私は肝斑&シミ治療でピコレーザーに通っていますが、高周波美顔器のお手入れについては肝斑・シミのところはお手入れを避けるようにと言われています。

 

頬骨にあるシミと肝斑は避けてNEWAリフトでお手入れしています。

 

ゴシゴシこするのは肝斑やシミを濃くしたり、増やしてしまうのでお気を付けくださいね!!

 

NEWAリフトプラスのデメリットと副作用についてのまとめ

 

NEWAリフトを5年以上愛用している私が実感したNEWAリフトプラスのデメリットと副作用をご紹介しました。

 

コードタイプかコードレスか迷っている方は、6000円安いNEWAリフトをおすすめします。

 

コードレスの方がコードがなくて便利ではあるのですが、充電が切れてしまった時が面倒です…こまめな方なら問題ないと思います!

 

私のように面倒くさがりの方は、いつでもどこでもコンセントに差せばお手入れできるニューワリフトが便利だと思いますよ^^